You-Yu通信

武雄市議会議員 朝長勇のYou(あなた)とYu(わたし:勇)を結ぶ場所。武雄の笑顔を増やすため、聞き、学び、考え、そして行動します。ご意見はtomonagaisamu@po.saganet.ne.jpまで。
カテゴリ:エトセトラ( 157 )
飛行船の会
「飛行船の会」といって知っている人はどの位いらっしゃるでしょうか?

「非行」と向き合う親たちの会といえばなるほどと大体の想像は付くかと思います。

多分2年くらい前に何かのきっかけで定例会にお邪魔したことがあったのですが、今回9月1日(日)開催の7周年記念シンポジウムの案内を頂いたので参加させて頂きました。

この会の概要などはちょっと見づらいですが下のチラシなどを参照ください。

今回は実際に青少年期に非行に走り、現在立ち直って懸命に生きていらっしゃる方の体験談が聞けるめったにない機会と思い参加してきました。


「NPO法人 セカンドチャンス」:これは、まっとうに生きようと誓った少年院出院者たちのネットワークで、出院者自身が出院者を支え、再度非行に走ることがないように支えあう活動を展開されています。(詳細チラシ参照)

普段接することのない生々しい体験談などを聞き、非常に考えさせられることの多いシンポジウムでした。

印象深かった点などを箇条書きしてみたいと思います。

【元家裁調査官で親たちを支援していらっしゃる正木信二郎さんの話】

・「非行」は社会的に他人に迷惑を掛ける「リスク」として捕らえられがちであるが、本人が成長するための「コスト」であるという発想を持ち見守ってあげることも必要。

・数字上「非行」は激減しているが、これは軽い非行では家裁に送らなくなっただけ。


【A子さんの体験談】

・4人兄弟、6人家族。家は貧しくて両親も仲が悪かった。父が嫌いだった。
・中学2年の頃、暴力団関係者との出会い。最初はやさしくしてくれた。
・援助交際を強要され、一日4,5人の相手をさせられていた。いやでいやで仕方なかった。
  それでもらえるお金は数千円。
・少年院での生活。父からの手紙で親の想いを知り、親子の絆の有り難さに気付く。


【松尾昌人さん】 少年院での生活について

・簡単に言えば厳しい学校みたいなもの
・今は少年院に入って良かったと思う。(入っていなければ立ち直れなかった)
・子供が非行に走ると親は世間体ばかりを気にするが、自分の方を見て欲しかった。


【シンポジウム】

高坂さん、吉永さん
コーディネーター:正木信二郎さん


[高坂]
スウェーデンの元受刑者の自助団体「クリス」の成功事例(再犯率が激減)を見て、少年院を出た青少年を支えられるのは同じ体験をした自分たちしかいないという思いを強くした。

[吉永]
自分は少年院でも素行が悪くD評価だった。
少年院で真面目になったように思えても、外に出ると誘惑に負けてすぐに元に戻ってしまう。
そうなってしまう前に是非私たち「セカンドチャンス」とのつながりを持って欲しい。

[高坂]
最初に捕まったのは16歳、捕まらない自信があったが財布を落としたことがきっかけで捕まってしまった。
その頃は「盗み」に対する罪悪感は皆無で、財布を落としたことのみを反省していた。
次はどうすればうまくやれるか、そればかり考えていた。

少年院で母の病気を知り、ずっと心配ばかり掛け続けた母親への思いを強くもつ様になった。

[吉永]:少年院で得たもの
少年院では手紙を書くことを覚えた。
今でも年賀状を1000枚、2ヶ月位かけて全て手書きで書いている。
自分たちが信用を取り戻すには誠意を見せ続けることしかない。

[高坂]:少年院で得たもの
少年院では地道に辛抱して続けることを覚えた。

[吉永]
出所するととても孤独になる。
連絡できるのは元の悪仲間しかいない。そしてまた元に戻ってしまう。
そうなる前に是非セカンドチャンスに連れて来て欲しい。

[吉永]:これからどう生きる
セカンドチャンスを各自治体で立ち上げたい。

[高坂]
これから4人の女性(母・妻・娘)を大切にしたい。

少年院出所者を仲間に引き入れて立ち直りを支援していきたい。

両親の不仲がつらかった。

悪いことを初めてした時に「すごい!」と仲間に認められたのがとても嬉しかった。
善悪ではなく、仲間に認められ頼りにされるのが嬉しかった。

[吉永]
不良が「カッコイイ」という時期があり、これはどうしようもない。
あるとき「カッコ悪い」と感じるときが必ず来る。
そのときが不良からの卒業。

出院者には親の面倒をしっかりみている人が多い。

夢を持って頑張り出すと、ものすごいエネルギーを発揮する人が多い。
セカンドチャンスのメンバーにも起業家としてバリバリ業績を挙げている人が沢山いる。


[正木]
今の学校は非行を「リスク」として排除しようとする傾向が強い。

[吉永]
非行の時期は台風のようにいつかは過ぎ去る。
家庭の明るい雰囲気つくりをして欲しい。

[高坂]
セカンドチャンスで出会った仲間同士で悪さをしたという事例は一度もない。立ち直るために支えあう場所であるという意識を全員が持っている。

親は最後まで見捨てないで欲しい。


[正木]
こういった本当の支援は官ではできない。



メモを頼りの箇条書きでまとまりが悪いですが大体こんな内容でした。


参加してみて「非行」に対する認識が変わった気がします。冒頭の正木さんの「非行はリスクではなくコスト」という言葉の意味が立ち直った体験者の声を聞いて納得できました。

ただやはり今現在子供さんの非行に苦しんでいらっしゃる親のつらさというのは想像できないものがあると思います。自分の子供が他人に迷惑を掛けているという罪悪感から引け目を感じ誰にも相談できない孤独感。

ここで感じたのは、非行に限らず本当に助けが必要な人達はジッとこらえて声を出さない(出せない)場合が多いのではないかということ。
そういう方たちの痛みをどう汲み取って光を当てていくか。
待っていてもその声は届いて来ないということを意識しておく必要を感じました。

そしてここで会った青少年たちは例外なく親子の絆・愛情に飢えていたということ。

f0160860_16395014.jpg

f0160860_16404299.jpg
f0160860_16413564.jpg
f0160860_1642692.jpg
f0160860_16423733.jpg

[PR]
by yu_isamu | 2013-09-04 17:29 | エトセトラ
継続支援コンサート
今夜はスタジオ INPUT において東日本大震災被災地支援 PRAY FOR JAPAN  継続支援コンサートが行われました。

全部で12のバンドが出演。みんなカッコよかった。

その中で異彩を放ったのがゼロスターズ・・・

熱いステージを冷ましてしまったような・・・

まあそれはともかくいろんな形で支援の活動を継続していきたいと思います。
練習、練習

f0160860_1213058.jpg
f0160860_1215642.jpg
関係者の皆さんお疲れ様でした。




ちなみに土曜日は武雄町まちづくり推進協議会理事会のあと

武雄温泉春祭りの「小屋入り」が御船が丘梅林で行われました。
f0160860_1311276.jpg

[PR]
by yu_isamu | 2012-02-27 01:25 | エトセトラ
北方小学校へ
昨日は北方小学校にお邪魔しました。

お忙しい中、岩永校長先生に対応して頂きました。

非常に熱意ある先生で、話が終るのを待っているとこちらの質問が切り出せない程。

・黒板に字を書く時間が省けるので子供たちの集中が途切れないなどスマートボードも2年程使ってその良さがわかってきた。
 
・現状スマートボードは5台入れてもらってるがあと1台(学年毎に割当可能)は欲しい。

・学校ごとの授業の開始・終了の違い(チャイムがないとこもある)

など有益なお話を頂きました。

礼儀を踏まえた元気な挨拶で授業開始!
f0160860_15205678.jpg


ありがとうございました。


また

この日はたまたま3年生が環境について学んだことをニコーショッピングセンターで発表し、買い物客への啓発運動をされるということで私も見学させて頂きました。

ニコーさんの協力で新聞折込でもPR。本格的ですね!
f0160860_14585074.jpg
これは児童から校長先生に贈られた手作りエコバッグ!
先生としては使わない訳にはいきませんね!(間違っても古紙回収に出すようなことは・・・)
f0160860_1524394.jpg
午後から5,6時間目の授業として実施されていたようです。
担当の山口先生は武雄小学校にいらっしゃったときも楼門朝市2000人プロジェクトを実施されるなど熱心に工夫を凝らした授業を行われます。
こういった児童と市民(実社会)を繋げる授業のやり方は非常に素晴らしいと思いますし、今後も継続して欲しいですね。
f0160860_15152494.jpg
f0160860_15155615.jpg
頼もしい応援団!
f0160860_15162225.jpg
買い物客にチラシを配布!
f0160860_15164337.jpg
応援に来た おしくらマン も沢山チラシを渡されてましたが、受け取るのに苦労している様子。
おしくらマンの弱点発覚!
f0160860_15251018.jpg
リサイクル、節水、節電、水質保全、ゴミ問題など12のグループがそれぞれのテーマで発表が行われました。

子供達にとってもいい経験ですし、来店者の環境意識が高まること請け合いですね!
f0160860_15175685.jpg
f0160860_15182027.jpg
f0160860_15184782.jpg
手作りチラシはこんな感じ。
f0160860_15191947.jpg

こんなかわいいチラシならみんなちゃんと読むだろうし効果もありそうな気がします。
f0160860_15193399.jpg
お疲れ様でした。
[PR]
by yu_isamu | 2012-02-24 15:48 | エトセトラ
武雄小学校へ
ちょっとしたヒアリングのため母校である武雄小学校へお邪魔してきました。

昼休みが終って掃除の時間、みんな頑張ってます。
f0160860_5205552.jpg
落ち葉も集めて校舎裏へ
f0160860_5212559.jpg
燃やせないのでどんどんたまってちょっと困ってるとのこと。
個人的には燃やしてもいいんでは?と思うんですけどね・・・焼き芋焼いたり
f0160860_521504.jpg
ちょうどスマートボードを使って社会の授業中だったのでしばらく見学。先生方もだいぶん使いこなしていらっしゃるようです。
現在武雄小学校には5台。
やはり全クラスにないと使い勝手が悪く(移動やセットが手間)使わずに済ますこともあるとのこと。
f0160860_5221725.jpg
Q:「なぜアメリカはCO2を削減する話し合いに参加しなかったのでしょうか?」

一緒に考えてしまいました???
多分、京都議定書のことよねー

A:「もっとお金をもうけたいから」

あっ、それでいいのか。

とか国連の話とか。

一回教科書借りて勉強し直そうかと思いましたね。実際。


全国でもめずらしい校歌。

何がめずらしいかと言うと。

三番まで歌わないと学校の名前が出てこないから。(つまり三番まで歌うことを義務付けられた校歌とも言えるでしょうか。)
f0160860_5224311.jpg
それはともかく改めて歌詞を読んでみると作者(先人)が込めた「想い」がひしひしと伝わってきます。

「伝えて長き おんおしえ いのちの限り身につけて 人間の道 ひたすらに 強く正しく 踏み行かん」

「日本の行く手 朝夕に 思い返して いざ学べ」


はい。頑張ります。
[PR]
by yu_isamu | 2012-02-21 05:54 | エトセトラ
武雄市民大学公開講座(陸前高田市副市長 久保田崇氏講演会)
2月15日は 標記の武雄市民公開講座に参加してきました。
f0160860_10123973.jpg

(この写真、決して笑いをとりたくて意図的に撮影した訳ではありません。前の人(ある偉い方)、すみませんm(__)m)

内容をかいつまんで

・陸前高田市は岩手県最南端のまち

・被災前の人口2万4千のうち亡くなった方が1554人、ほとんどの市民が身近な誰かを失っている。
 (祭りを開催するかで議論になったが前を向くために開催)

・江戸時代からの7万本の松林は全て津波に流された。奇跡的に残った一本松も残念ながら立ち枯れ状態。

・町全体を覆っていたガレキはどうなったか? → 1年経とうとする今でも変わらない。整理されただけ。あと2年はかかる見通し。

・仮設住宅の建設により学校をはじめとして運動場や広場がない。子供は運動不足。

・現在までに来て頂いたボランティアは延べ9万人(一日平均約300人)

・「ワタミ」さんが積極的な支援

これから

・大災害を体験し今後どういうまちをつくるのか? 白紙状態からの計画策定(元に戻すということはない)

・被災者の今の最大の不安は住居の問題。仮設から出られるのか?だとすればいつ?
 (9千戸のうち3,668戸が被災)

・理想は被災した土地を売って次の移転費用に充当したいが、資産価値はほとんどなく売れない

・防潮堤の建設には最低5年はかかる。地権者も多い。

・雇用確保:若者が残れるまちづくり。

・忘れ去られないように・・・・是非一度来て下さい。

何もしなくてもいいから実際に来て現場を見て欲しい。子供たちには特に。
f0160860_10534663.jpg
講演の後、武内町区長会から義援米の贈呈式がありました。

野菜とかも贈ったら喜んでもらえるんだろうか?だとしたら
個人で畑を作られてる方にお願いして売り物にならない野菜とか集めて贈れないかとふと考えてみたんですが。

【お知らせ】
3月10,11日に行われる「武雄市文化サークルフェスタ」において被災地支援グループの

ONE LOVE TAKEO では活動のパネル展示や募金活動などを行うことになっています。

皆さん是非足をお運び下さい。
f0160860_1121979.jpg

[PR]
by yu_isamu | 2012-02-17 11:14 | エトセトラ
佐賀県法人会講演(福岡政行氏)
昨日は午後からマリトピアで行われた佐賀県法人会の講演会に参加。
講師は福岡政行氏
f0160860_1113298.jpg
政界中枢部の人間と直接つながりがある方なので非常にリアルでユーモアを交えた講演で、90分があっという間でした。

・デフレが脱却できない現状での増税はまずい。

・2040年、所謂「団塊の世代」が平均寿命に達する頃になると日本の人口は毎年100万人減っていく。
 数だけ考えると佐賀県の県民がすべていなくなってもまだ足らない。隣の久留米市もいなくなって・・・まだちょっと足らない・・・それが毎年

・子育てについて:面倒くさくてもちゃんとしかってやることが大事。

・参院定数は47×2(各都道府県に2人)くらいでよい。(衆院300位)

・阪神大震災と東日本大震災における村山元首相と管元首相の対応の差。
 ちょっと極端ですがわかりやすく書くと
 ・村山元首相 : とにかく私が全責任を負うから頼む
 ・管元首相 : 何やってんだばかやろう!俺は専門家(中途半端な)だ。

 まあ阪神大震災の時は村山首相も批判はあったようですが、完璧というのもまた無理でしょうしね。

・橋下大阪市長と大阪維新の会の動き(影響力)はやはり今後の日本にとって要注目。

・国債残高100兆円突破。国民の保有資産(1400兆円(内負債300兆円))を考えると今のペースで行けば
 あと3年が勝負

・今後の政治情勢の鍵は この半年が勝負


「この半年」 と 「あと3年」

妙に心に残る言葉でした。焦燥感!?
f0160860_120107.jpg

[PR]
by yu_isamu | 2012-02-15 12:02 | エトセトラ
新聞記事二つ
昨日、個人的にはほぼ関係の無いバレンタインデー(涙)の記事

・産経新聞に武雄のfacebook係のことが掲載されいました。
f0160860_9584647.jpg

「パソコンが使えないから関係ない」という声も掲載されています。
実際人口比率から考えればfacebookをやってない人の方が圧倒的多数だとは思います。
理由としては
 ・単に関心が無い、面倒(そもそも私はこのタイプ(苦笑))
 ・費用的な問題
 ・わからない、そもそも存在自体を知らない
等でしょうか、
しかし、例え使えない人でも使っている人とのつながりがあることによってその恩恵を受けることは出来るはずなので前向きに捉えて頂ければなあと感じます。

どちらかというと心理面での疎外感というのが問題なんじゃないかとそのコメントを見て感じました。
(実質的な不利益はないはずですし、私が始めた理由も多分これ(・・・))

こういった側面から見たフォローも今後必要になってくるかも知れませんね。

注)決して吉野家のPRが目的ではありません。


もうひとつは

1月末に行われた 「第23回県新人中学生テニス選手権大会兼第10回九州新人中学生テニス予選大会」(長いな)の女子で 武雄青陵中学校が見事優勝!!(やった)
f0160860_10322580.jpg
あ、いや うちの子がね・・・
[PR]
by yu_isamu | 2012-02-15 10:42 | エトセトラ
川良区クリーン活動
2月5日日曜日は毎年恒例の川良区クリーン活動。

ぐずついた天気のなか100名以上の参加がありました。
f0160860_9124041.jpg
谷の下で何か見つかったようです。
f0160860_9134680.jpg
(写真撮ってる暇があったら手伝え!!)

出てきたのは

ガチャガチャ
(正式名称は知りません。硬貨を入れてガチャっと回すとカプセルに入った景品がコロっと出てくるあれです。景品もまだたくさん入ってました。子供がいたら喜ぶだろうに・・・)
f0160860_9143614.jpg


不法投棄は止めてください!

どうしてもやるときは道端に置いといてください。集めに着ますから!
(なんで谷に落とすんですか!!!)

って看板出しとけば!? なんて冗談?も。

軽トラックで山盛り10台分以上のゴミが集まりました。

喜んでいいのやら・・・

この後、柏岳の東屋の塗装作業を行いました。

ぜひ散歩がてらに来て見てください。武雄町が一望できますよ!

参加者のみなさんお疲れ様でした。
[PR]
by yu_isamu | 2012-02-07 09:25 | エトセトラ
おもやいカフェ
2月4日土曜日は温泉どおり中村屋さんで

東日本大震災被災地への思いを継続するために企画された「おもやいカフェ」に参加させて頂きました。

参加者はおよそ100人    (おっ!)   を10で割ったくらい。

いろんなところで被災地の話を聞きますが、みなさん訴えられるのは遠くから直接できることは少ないかも知れないが、とにかく小さくても息の長い活動を継続して忘れないことが大切であり被災者の方もそれを望まれているということです。

今回の「語り手」は第4弾の「チーム武雄」に参加してボランティアをされた 福田亮一郎さんでした。
ケーブルワンで放映されたものを録画して見せて頂きました。
f0160860_993473.jpg
f0160860_995282.jpg

参加者の皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by yu_isamu | 2012-02-07 09:10 | エトセトラ
武雄商工会議所女性会初会
昨晩は武雄商工会議所女性会の初会に出席させて頂きました。

相変わらずといったら失礼かもしれませんが、女性パワーの恐ろしさ・・・いや頼もしさを体感させて頂きました。

今の閉塞感を打ち破るには女性の底なしの明るさ・おしゃべり・行動力が不可欠だと改めて感じたのでした。
f0160860_926356.jpg
出席した男性来賓一同たじたじでございました。

お世話になりました。
[PR]
by yu_isamu | 2012-01-24 09:27 | エトセトラ


by yu_isamu
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧