You-Yu通信

武雄市議会議員 朝長勇のYou(あなた)とYu(わたし:勇)を結ぶ場所。武雄の笑顔を増やすため、聞き、学び、考え、そして行動します。ご意見はtomonagaisamu@po.saganet.ne.jpまで。
カテゴリ:活動報告( 6 )
さが政談会FGT(フリーゲージトレイン)勉強会
7月14日の夜は「さが政談会」での新幹線西九州ルートの勉強会に参加しました。

内容は、現在導入が予定されているFGT(フリーゲージトレイン)の抱える諸問題についてが主なものでした。

講師は株式会社 大島組(鳥栖市)の中原技術部部長。

中原部長は旧国鉄からJR九州そして鳥栖市役所に勤務されたあと現職という経歴をお持ちで鉄道の歴史的経緯を含めて広範な知識をお持ちの方でした。

結論としてはFGTでは時短効果が薄く山陽新幹線(博多ー新大阪)への直接乗り入れも非現実的であり、経済波及効果も望めないため全線フル規格で整備すべきとういうものでした。

具体的な論点について以下に箇条書きしてみました。

・平成35年開業を予定しているが未だに営業できる車両が出来ていない。

・開発が間に合ったとしても車両が重くて速度も遅いので山陽新幹線への直接乗り入れはできない可能性が高い。新鳥栖から博多の間でさえ難しいのではないか。

・もし、山陽新幹線に乗り入れるとすれば、FGT専用の予備車両や整備士・検査施設の配置が必要となりコスト面でもJRにとっては受け入れ難いはず。

・在来線を重い車両が走ることになり、安全面・騒音・振動などでも問題がでる可能性が高い。

・博多ー武雄温泉で2回の軌間変換(車輪の間隔変更)が必要であり、これで10分程度の時間が必要。

・博多ー武雄温泉間は在来線を使い、鹿児島ルートの部分開業の際に八代駅で採用した新幹線と在来線の同一ホーム乗り換え方式を採用する方が効率的である(安全性も確立されている)。

・FGTにはすでに400億円の開発費が投入されており、最終的にはまだかなりの開発費が必要である。この開発費は当然導入される際の車両価格に上乗せされる。生産される車両数も少ないはずなのでかなり高額な車両になる。

と以上の様な内容でしたが、話を聞いた限りでの私の感想は

いずれ全線フル規格を目指すことを前提とすれば、今無理してFGTを開発する必要はないのではないか。

武雄温泉ー長崎をまず部分開業し、その後新鳥栖までのフル規格開業を目指す方がよいのではないかと感じました。

また詳細資料などが手に入れば記事の更新をしていきたいと思います。
[PR]
by yu_isamu | 2014-07-15 11:50 | 活動報告
被災地支援報告会と九州政治家連盟結成総会
昨日は元鹿島市議の松田義太さんから案内を頂いていた唐津アルピノでの「東日本大震災被災地復興支援活動報告会」に行ったあとそのまま博多まで移動して「九州政治家連盟結成総会」に参加してきました。

・被災地支援活動報告会

この日は気仙沼市の避難所で8月10日から19日まで支援活動を実施された

唐津市役所職員の西脇俊彦さん
f0160860_17545936.jpg




被災地駐在員として11月14日から12月23日までの40日間かけて数箇所の被災地を訪問支援された

元鹿島市議 松田義太さん
f0160860_17553594.jpg


の活動報告がありました。


現在でも被災地は復旧に向けて気の遠くなるような取り組みが行われており、決して風化させない、震災を忘れないことが1番重要だと訴えられていました。

被災地の人は「一度でもいいから現状を見てもらいたい」、「自分たちの話を聞いてもらいたい」と切望されている。とにかく震災を忘れないためにこまめに振り返る機会を設けていくしかないとのことでした。

実際に現地で触れ合った被災者の方の話で声を詰まらせていらっしゃった姿が心に残っています。


このあと博多まで足を伸ばして(伸びませんが)

地域主権型道州制国民協議会
九州政治家連盟結成総会

に参加させてもらいました。

正直まだまだ道州制については自分自身勉強不足ではあるのですが勉強を兼ねて参加してきました。

「みんなの党」の議員さんが中心的なメンバーになっているようです。
協議会会長の江口克彦氏の講演
f0160860_183584.jpg
基本理念は「自立し繁栄する九州実現を目指して」

中央集権・官僚統制の古い政治および行政の仕組みを打破し、地域のことは地域で決める地域主権型道州制の導入。

道州住民の主権による地域に適した身近な政治・行政の実現。

引いては力強く豊かで安心できる日本をつくる。

簡単に説明するとこんなビジョンを実現するために活動していく組織です。


総論としては意義をとなえる必要はないと感じますが現実的には枠組みを変えるだけでは実現は難しく、政治家・行政・国民の意識改革・資質向上を抜きにしては前に進まない。
政治家自身も身を切る覚悟(選挙を恐れずビジョンを示せる資質・リーダーシップ)が必要であるし、
著名人というだけで国会議員になれるような状況では絵に描いた餅でしかない。

まずは自分自身
[PR]
by yu_isamu | 2012-01-30 18:36 | 活動報告
常襲水害対策特別委員会視察報告
ちょっと遅くなりましたが昨年11月に私が所属する「常襲水害対策特別委員会」で実施された行政視察の報告をさせてもらいます。

まずは事務局提出用に書いた文書をそのまま転記します。

-ここから-

                         常襲水害対策特別委員会
                                委員 朝長 勇
             行政視察報告書
行政視察の趣旨
 武雄市は、六角川河川流域と松浦川河川流域に位置し、洪水災害の常襲地でもあることから、現在では全国唯一の常襲水害対策特別委員会を設置する自治体として毎年国土交通省と九州地方整備局等への要望活動を実施している。またこれと同時に本委員会としても水害対策に対しての見識を深めておく必要があり、今回は一級河川である大淀川と小丸川を管理する宮崎国道河川事務所での視察研修を行いましたのでご報告いたします。

視察日時:平成23年11月21日(月)~22日(火) 一泊二日
視察場所:宮崎県宮崎市 宮崎国道河川事務所
視察人員:小柳委員長他 4名、議会事務局 1名 : 計6名
研修調査項目
  1.宮崎河川国道事務所の業務概要について
  2.大淀川下流地区激甚災害対策特別緊急事業について
  3.その他
       ・火山災害への備えについて
       ・宮崎海岸侵食対策について など
  4.瓜田地区における「輪中堤」現地見学

行政視察の成果
平成17年9月の台風14号は大淀川流域に記録的な降雨をもたらした。この際観測史上最高水位を記録し、大淀川下流域の1市3町では甚大な被害が発生した。この災害を教訓にハード面では流域断面確保のための河道掘削や景観・利用に配慮した堤防拡幅、ポンプ場の新設等の対策が実施されていた。
またソフト面では、被災後間もない11月29日に学識者などを含めた「大淀川水系水害に強い地域づくり委員会」が設置されハード・ソフト両面における被害軽減対策が検討された。この委員会ではまず台風14号水害による様々な課題の整理が行われ、先に挙げたハード対策とともに①地域コミュニティーの再構築や防災学習による「水害に強い人づくり」、②情報共有化や連絡網構築による「情報伝達のための環境づくり」、③雨水流出抑制や避難路整備等の「水害に強いまちづくり」、④防災施設の機能確保による「水害に強い防災拠点づくり」および水害発生中・発生後の取り組みについて提言がなされた。この提言内容については近年実際に発生した甚大災害の教訓が生かされており、整理された課題のなかには地域連携の不足や高齢化による災害弱者への対応など、水害だけでなく東日本大震災で喫緊の課題となった原発の放射能漏れ事故への対応など今後の武雄市の災害対応体制を検討する上でも非常に有益な情報を得る事ができた。
 これに加え、輪中堤の現地見学では河川氾濫時においても家屋への被害が最小限にするため現状の地形を利用した対策が行われており、今後災害に強いまちづくりをしていく上で参考にすべきと感じた。
 その他、新燃岳の火山災害対策や宮崎海岸の逼迫した侵食対策についての話を伺い、自然を相手にして市民の安全を守ることの困難さと重要性を再認識させられた視察研修でした。

-ここまで-

実際にはこの報告書に先方から頂いたいろんな資料や写真が添付されるのですがブログでアップするには量が多すぎるので割愛します。興味のある方は宮崎国道河川事務所のHPをご覧ください。

またはこれに限らず議会事務局に問い合わせてもらえば視察報告書は実物を閲覧することもできます。

市民の皆さんがこういった議会活動に興味を示して意見を出してもらうことで議会も活性化していきます。
今までそんなことした市民の人はおそらくいないと思うので事務局も驚くかも知れません(笑)。
お気軽にどうぞ(こんなこと書くと怒られるかな、まあ見てる人少ないし・・・)。



ここからは私なりの記事を少々。

行程は九州新幹線を利用して鹿児島中央まで行き、在来線に乗り換えて宮崎駅に向かいました。

新鳥栖駅から鹿児島中央まで1時間24分、速い!しかも快適!
そこから折り返して宮崎駅まで1時間53分・・・

河川事務所内部の写真
f0160860_20332087.jpg

河川や道路、新燃岳の砂防などの映像がリアルタイムで映し出されています。

事務所での説明後、輪中堤の現地見学(乗っかっているのが堤防です)。
f0160860_2033583.jpg

全体像が見えないのでわかりにくいと思いますが、河川が氾濫しても家屋への被害が最小限になるように元々の地形をうまく利用して道路を嵩上げしたり堤防を追加して住宅地を守るように作られています。
写真右奥が橋梁で大淀川の支流である瓜田川が流れています。

報告書にも書きましたが、私がちょっと心配になったのが宮崎海岸の浸食問題です。

原因は複雑なようですが、ダムや堤防、砂利の採取により砂の供給が減ったり海流の流れが変わってしまったことが主な要因だそうです。

昭和40年台には運動会ができていた砂浜が現在では完全に消失しています。
あのフェニックスリゾートの脇を走る一ツ葉有料道路の目前まで侵食が進んでいるとのことでした。
HPにも写真がありましたのでこちらを見てみてください。
この写真を見たときはちょっとショックでした。

人間の利便性向上のためにやったことが結果的に自然に悪影響を与え人間に跳ね返ってくる。そして今度は自然を守るために必死に対策を考える必要に迫られる。
ちょっと複雑な心境になりました。地球温暖化等も仕組みは一緒だななどと考えてしまいました。
次の世代に何を残せるか、今の私たちにできること、やるべきことは何か。
この辺の気持ちが報告書の最後の一文になっている訳です。

また、対応して頂いた職員の方に帰り際「口蹄疫」や「鳥インフルエンザ」のその後についてお尋ねしてみたんですが、やはり再建をあきらめて廃業された方も多いとのことでした。生活はどうされているんだろうとちょっと心配になりました。

さて翌日は帰路の途中、鹿児島で昼食を兼ねて時間をとって少々市内視察を行って帰りました。

寄ったところは甲突川沿いにある「維新ふるさと館」。
鹿児島中央駅からは歩いて行けます。
f0160860_20362957.jpg
f0160860_20473942.jpg

途中にも戦争記念碑や大久保利通の銅像などがあって楽しみながら歩くことが出来ます。
f0160860_20365948.jpg
f0160860_20373493.jpg


武雄市役所前の武雄川沿いの遊歩道ももっと人が歩く仕掛けがあったらいいなーと良く思うんですが、ピンと来なくてその度に忘れてしまいます(苦笑)。
ちょうど物産まつりのときの写真がありました。ここのことです。
f0160860_20375845.jpg
f0160860_2038722.jpg
親水施設もあるし、見る度にもったいないと思うんですけどね。うーん・・・

話はそれましたが到着です。
「鹿児島市 維新ふるさと館」いやーこれは素晴らしかった。
f0160860_20402586.jpg

維新体感ホールでの等身大の動く人形(しかもしゃべる)が出てくるドラマ

「維新への道」と「薩摩スチューデント、西へ」

の二本立て。

特に「薩摩スチューデント」の方。

鎖国時代にいち早く海外に目を向けた薩摩藩。
藩の大任を背負い海外で寸暇を惜しんで知識や技術の習得に励んだ情熱溢れる若者たちの物語。
魂を揺さぶられる思いでした。

もっとじっくり見る時間が欲しかった。

ということで意気揚々と「維新ふるさと館」を出た後は、

そう、豚とろラーメンの店、その名も「豚とろ」(そのままやし)。
f0160860_20414674.jpg

ちょうどお昼時ということで既に行列が・・・
待った甲斐がありました。まさに「とろとろ」旨かったです。
待たされたせいかな!?

ということで本来の視察とは別のところでも個人的には非常に充実した視察となりました。

ありがとうございました。
[PR]
by yu_isamu | 2012-01-06 20:53 | 活動報告
仙台市災害復旧支援(1)
遅れましたが先日行かせて頂いた仙台市若林区への災害復旧支援活動について報告です。

いきなり余談ですがあまり大きな記事を一度にアップしようとするとぶっ飛んでやる気を無くしたりする恐れがありますのでみなさん注意しましょう・・・!

まずは今回の派遣の概要について

・牟田議長が交流のある仙台市若林区の佐藤正昭議員に支援の打診をしたことがきっかけで実現。

・平成23年5月6日に議会の被災者支援特別委員会で各議員へ参加の打診。
 (車両、宿泊場所の都合で5~6名の募集)
 →最終的には市議8人と市職員1人の9人体勢で出発し、市長・秘書も現地で合流。

・日程:平成23年5月9日(月)~平成23年5月15日(日)

・宿泊場所:仙台市の佐藤市議の紹介で株式会社舞台ファーム様の作業員事務所(プレハブ)の2Fを無償で借り受け。被災地から車で10分位。
f0160860_11195152.jpg
ここの2階
中はこんな感じ。
f0160860_11293955.jpg
注:避難所ではありません。


・移動:陸路(マイクロバス)武雄自動車学校様よりマイクロバスを無償借受(ありがとうございます)。
  総移動距離:3345km(武雄から現地まで片道約1600km)

・作業内容:被災はしたが家屋そのものは津波で流れてはおらず、清掃して改修すれば復旧できそうな民家の土砂撤去・片付け及び清掃など

・行程
    9日(月):9:00出発移動
f0160860_12541673.jpg
車中泊
f0160860_12591277.jpg

   10日(火):AM 9時頃仙台市到着
          PM 仙台市役所で被害状況等説明を受けた後、
f0160860_12564471.jpg
数箇所被災地視察
f0160860_1335276.jpg

            その後、舞台ファームで農業法人としての取り組みなどについて話を伺う。
f0160860_1312826.jpg

            (夕方、樋渡市長、古賀秘書官合流)
   11日(水):AM 土砂・がれき撤去作業1軒目(寺島様宅)床下の土砂撤去
f0160860_1385426.jpg

          PM 2軒目土砂撤去作業(大友様宅)庭・倉庫など
f0160860_1395523.jpg
             作業後、避難所(六郷中学校体育館)訪問
f0160860_13145475.jpg

   12日(木):終日 大友様宅の作業。降雨のため午後は早めに終了。
f0160860_1321498.jpg

   13日(金):終日 大友様宅の作業。予定作業終了。
f0160860_13245354.jpg

   14日(土):宿泊場所清掃・片付け後帰路へ(車中泊)。
f0160860_13541488.jpg

   15日(日):AM9:00頃武雄市役所到着
f0160860_13272364.jpg


おおまかな流れはこんな感じでした。

詳細はまた別途記事にしたいと思いますが、貴重な体験をさせて頂くことができました。
ありがとうございました。


費用等について
(今後、市民有志等で同様な支援を検討される方もいらっしゃるかも知れませんので参考までに)

 ・高速料金:災害支援ということで事前に申請すれば無料。正規料金なら片道3万5千円程度(マイクロバス)

 ・燃料費:軽油約450リットル、約6万円(約3300km走行)

 ・ボランティア保険:720円/人

 ・道具・手袋等:実費、スコップなども持参。一輪車は必需品!今回は現地のJAで調達。

 ・飲食費:実費。少なくとも仙台市の場合、日常の物資不足はほぼ解消されており、数キロ行けば多数の商店や飲食店が普通に営業している。入浴施設も探せばある。

 ・宿泊及び車両:実費。今回は無償で提供して頂いたが、一般の人はここが一番のネックになりそう。(荷物も多くなるので車両はスペースにかなり余裕がないと厳しい。)

それと当たり前ですが、まずは現地で取り次いで頂ける人が必要です。
[PR]
by yu_isamu | 2011-05-23 14:11 | 活動報告
決算審査特別委員会(一般会計)
11月10日~12日まで会議室に詰め込まれての平成21年度の決算審査です。

一般会計と特別会計があって私は前者の方。

担当職員の説明を聞きながらみなさんの税金が有効に使われているか確認していきます。

終日会議室にいるのは正直結構疲れますね。

明日まで頑張ります!




ところで11月11日は

「温泉 DE ビートルズ」実行委員会に初めて参加!

よくわからんまま役を引き受けたみたいですが大丈夫でしょうか・・・
f0160860_2164451.jpg


11月13日(土)物産祭りのときに何かあるようです。
[PR]
by yu_isamu | 2010-11-12 02:01 | 活動報告
水道課での勉強会
一般会計、国保の次は水道課の職員さんにお願いして水道行政全般の勉強をさせて頂いてます。

昨日は工業用水道の概要説明を受けたあと、上水道の主要な施設を案内してもらいました。

ダムや河川などの水源から取水して蛇口に出てくるまで様々なプロセスを経なければなりません。

普段当たり前のように使う水道もそこにたどりつくまでの手間を考えると非常にありがたいものなんだと改めて感じました。

生活に一番大切な水を安定供給するため職員や関係業者の方は一年365日24時間体勢でトラブルなどへの対応が求められます。

普段見られない浄水場の内部なども見せて頂きました。

f0160860_964380.jpg
コントロール室(正式名称は違ったかも・・・)
f0160860_971264.jpg
配水池まで圧送するポンプ
f0160860_973091.jpg
塩素注入施設
f0160860_98412.jpg
他にも沈殿槽、苛性ソーダ混合施設など

何においても携わる人の苦労を知ることが大事だと感じました。

水道行政に関しても老朽管への対処や水源の管理などいろんな問題を抱えています。

行き着くところはやはり財政的な問題。

おかげさまで武雄市の場合当面水不足の心配はないのですが水源の整理統合など効率的な運用を探る必要がありそうです。


蛇口から出てくる水道水に愛情が湧いてきました(笑)。
[PR]
by yu_isamu | 2010-11-10 09:23 | 活動報告


by yu_isamu
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧