You-Yu通信

武雄市議会議員 朝長勇のYou(あなた)とYu(わたし:勇)を結ぶ場所。武雄の笑顔を増やすため、聞き、学び、考え、そして行動します。ご意見はtomonagaisamu@po.saganet.ne.jpまで。
<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
平成28年12月武雄市議会一般質問ピックアップ
武雄市議会 平成28年12月定例会の一般質問で今後の方向性が示されたものを中心にピックアップしてみました。(自分用のメモ書きレベルで読みにくいですがご了承ください^^;)

10 月に開館予定のこども図書館、
11月10日武雄市役所新庁舎建設起工式を行いました。 (平成30年4月完成予定)
以下のスケジュールで平成 32 年度には武雄市内すべての小学校で官民一体型学校が始まることになります。
平成27年4月:武内小学校、東川登小学校(開始済み)
平成28年4月:朝日、若木、橘小学校(開始済み)
平成29年4月:西川登小学校
平成30年4月:山内東、山内西、北方小学校
平成30年10月:武雄小学校
平成32年4月:御船が丘小学校

六角川洪水調整池(採石場跡)について
貯水能力350万トン、東京ドーム3個分
完成すれば六角川本線の推移を80センチから1メートル程度下げる効果
早ければ29年度からの事業着手に向けて要望継続

65歳以上の人身事故の割合、平成18年14.4%から平成27年21.2%に増加
市内の免許保有者3万2967人、うち65歳以上8431人(H28.10末現在)、25.6%
平成10年4月から自主返納制度開始、県内では平成28年10月末時点で12万人のうち5364人、4.5%返納済
武雄署管内では8431人のうち510人、9.5%が返納済
自主返納者はタクシー1割引きの特典あり

国道34号線、下西山東交差点付近2車線から1車線への合流部の2車線化
平成29年度より予算確保でき次第工事着手見込み

みんなのバス、一便当たりの乗車人数平成25年度1.9人、平成27年度1.4人と減少傾向
みんなのバスを含めた新たな取り組みとして本年9月よりオーダーメード時刻表に取り組んでいる
一人ひとりの目的に合わせて複数の路線をまたいだニーズに合わせた時刻表
9月以降45件の申し込み、うち5件はみんなのバスを含んだ経路
みんなのバス、一回200円、小学生、障碍者100円
現時点で廃止は考えていない

病児病後児保育について医師会などと相談して病院併設型でできないか検討してきたが厳しい状況
可能性を探りながら来年度には形にしたい。
現在、嬉野市、江北町(こが小児科)と協定を結び病児病後児保育について医療機関に併設された施設を使用して事業を実施中。
平成23年度利用者240名うち武雄市49名
平成24年度利用者254名うち武雄市30名
平成25年度利用者433名うち武雄市26名
平成26年度利用者433名うち武雄市24名
平成27年度利用者563名うち武雄市28名

ファミリーサポートセンター事業
利用会員260名、協力会員35名
全国703箇所のセンターのうち約200箇所が病児病後児保育に取り組んでいるが武雄ではハードルも高く対応できていない

協働まちづくり地域交付金
平成20~24年の5年間で9町に一億40万円
平成25年から28年の4年間で300万×9町で2700万円
今後の3年間程度を目途にがんばる地域応援補助金と地域交付金をセット原稿とほぼ同額を支援したい

防災無線およびその補完対策について
戸別受信機、老人福祉施設、保育所、幼稚園、あとは病院等の施設に対 しては、私たちもぜひ設置をしていきたい。 だいたい、かぞえると 180 カ所くらいありますので、そこについては、早急に配備してい きたいと考えております。

第3次行革プラン
今後5年かけて交付税縮減、単年で7億円削減(5年で24億円)
地域財政計画というものを毎年作成していますが、そこからの数値を使 って、今後 10 年間をグラフにしているが、行革プランではこのうちの5年間をきりとって プランの今後の収支の見込みとして、考えている
今後5年間で44億円の財源不足見通し
ゴミ処理費増大も一因。平成18年5億円→平成31年以降7億円
武雄市の場合は、周辺の市町と比べると、ゴミ袋の料金が安く設定されてるとい う現状があります。 そういう点も踏まえて、受益者負担というところにも鑑みて、ここについてはゴミ袋料金 の値上げの方向を考えたい

印鑑証明・住民票が現状200円。県内他の9市は全て300円
合併後200円を維持してきたが改定値上げしたい

図書館アンケート毎年実施。今年は8月20~31。結果はHPで公表
DVDコーナーを学習室に使えるようにCCCに申し入れしたい

競輪事業返済計画
県の公営競技収益金貸付基金について平成38年までの10か年
水道事業から借りた4億円については平成29年度から37年までに返済の計画

公衆トイレ管理について
市内15箇所環境下からシルバー人材に委託して清掃
週一回職員が巡回点検

シンガポール事務所設立3年経過
状況について、当面今のカサハラ所長一人体制で維持

大楠公園から見た498バイパス景観対策について
特に対応の予定なし

12月13日本場初のミッドナイト開催、売り上げ1億5359万3600円。初日にしては最高額

官民一体については経費の大部分を総務省の地域おこし協力隊事業の活用で充てている。
平成27,28の持ち出し分はそれぞれ500万円程度
ICT教育関連費用:電子黒板:平成25年度9240万円、平成26年度1億6435万円、平成27年度4707万円、平成28年度予算で1億1667真万円。4か年合計で4億2049万円

生活保護申請については、いつでも可能である旨、説明しておりまして、生活保護開始に
至らない方々については、武雄市自立支援センターにおいて継続した支援が受けられる旨、 助言を行っている

子どもの貧困首長連合参加費用などについて
市長の旅費は市で負担。事務局分は負担せず

子ども図書館の愛称については公募したい

防災無線の通話案内、0800-200-4004

107地区のうち90箇所で自主防災組織ができている

中野三敏氏文化勲章、名誉市民、江戸近世の文学
受賞の報告と関連図書を図書館内に展示中
司書が選定したものを、教育長決裁をとりまして、それから最終 的には教育委員会のほうに報告

不登校児童生徒についてですが、この3年間で、武雄市、小学生であれば 25 年度が5 名、26 年度が 11 名、27 年が 19 名、中学生のほうですと 25 年度が 39 名、26 年度が 55 名、27 年度が 63 名という形になっておりまして、ここ直近の3年間だけで見れば、不登校 児童、ここでは 30 日以上不登校だったという形になるんですけれども、増加の傾向にあり ます。 10 年ほど見ると、実は増減を繰り返している状況

空き家、空き地バンク4月から開始予定
ウェルカム武雄ハウス事業ということで、武内若木町のほうに住宅を新築し、移住 対策をとってきたところですが、これにつきましては、6世帯合計21名の入居を実現して、 周辺部の人口減尐の一助になってきたかと思います。 ただ、住宅建設の補助、あるいは用地費、造成工事費等も含めて、4,500 万円ほど費用を要 した

まちなみ創造事業
TAKEO MABOROSHI TERMINAL

みんなのバス年間経費1300万円
[PR]
by yu_isamu | 2016-12-29 11:34 | 市政 | Comments(0)
平成28年9月議会一般質問ピックアップ
武雄市議会平成28年9月定例会で行われた一般質問の内容について今後の方向が示されたものやお知らせしておきたい項目を中心にまとめてみました。

詳細については議事録で確認をお願いします。

【教育・子育て】
・平成27年度から「子育て支援員制度」開始。研修6日、実習2日で修了証。保育士の補助的勤務が可能。県の方で一括して研修実施。
・保育士就学支援月額5万円。県内に5年勤務で返済免除。
・潜在保育士の就業については準備貸付金20万円。県内に2年勤務で返済免除。

・貧困対策:ひとり親家庭へのアンケートは現在集計分析中。小1、小5、中2の保護者・生徒へのアンケートは10月ごろ計画

・休日急患センターでの時間外診療(月、木、金、土、日)。火曜、水曜については鹿島で実施されている。
来年4月からは火曜、水曜も武雄で時間外の小児医療が開始される。これにより365日の時間外診療が確保されることになる。

・子ども図書館は9月末をめどに実施計画策定。平成29年10月オープンを予定。
・子ども図書館の運営は一体性を考え武雄市立図書館の指定管理者(CCC)にお願いしたい。

・小学校のエアコン設置については実施することを前提に時期を含めて年内に結論を出したい。

・武雄保育園に譲与した建設用地については7年後をめどに無償貸与の形式に変更したい。

・鍋島家洋学資料の常設展示施設は作らず今後も企画展で展示していく。
・おつぼ山神龍石の整備基本計画については今年度中の完了を目指して作業中。

【安全・安心】
・防災情報システムは来年度の予算計上を目指して作業中。
・防災行動計画も作成に向けて進めていく。
・熊本地震などの状況を踏まえて武雄市地域防災協定策定。

【農林業】
・ジャンボタニシ被害:水稲面積1545ヘクタールのうち200ヘクタールで食害発生
・渇水による水稲被害は約1.9ヘクタール

【観光】
・震災影響を支援するために5月15日から6月30日までの武雄観光クーポン発行。総額1200万円。約3000人宿泊。宿泊料金換算での経済効果約5000万円。
・武雄温泉駅に観光案内所設置(2名配置)11/20~8/31まで5922人(一日平均20.7人)利用。
・レンタサイクル設置4カ所(武雄温泉駅、まちなか案内所、保養村、ユースホステル)3/26~8/31で404名利用(うち150名は台湾、中国、韓国人)。

【その他】
・競輪場改修9月末完成予定。
・今年度4月から情報発信を集約するためシティプロモーション室設置。市の魅力を発信中!
・若木工業団地の豊田合成株式会社様のLED工場が一旦稼働休止。来年度中には車両部品の工場として再稼働したいとの意向。地元雇用は100名中50名くらい。
・5月から武雄市がんばる地域応援事業実施中。これまで11団体申請。さらに増えるようであれば予算面でも対応したい。
・空き地バンク制度設計中。年内にはマップも示して紹介できるようにしたい。

・平成27年度のふるさと納税13,774件、総額2億1323万円。今年度は7月までの実績で約7割減。
・武雄市民が武雄市にふるさと納税をすれば交付税措置があるので武雄市にとってはトータルプラスになる。他市にされると当然マイナス。

・公共施設整備計画は今年度中に基本方針策定、平成29年度から所管課で個別計画を策定していく。
・地方交付税の見通しについては平成27年に比べ平成33年では約7億円の減額を見込んでいる。
・財政調整基金、公共施設整備基金あわせて約70億円だが、計算上は平成35年には枯渇する可能性がある。

・市役所庁舎の跡地利用については現在白紙、議会の特別委員会でも議論してもらいたい。
・庁舎の跡地利用は白紙だが、横の駐車場についてはそのまま残す予定。

・犬、猫などのペットの死がいについては手数料を払えば市で引き取るように制度化を進める。
・8月15日は庁舎等での国旗の半旗掲揚をきちんと実施していきたい。
[PR]
by yu_isamu | 2016-12-26 08:36 | 議会報告 | Comments(0)


by yu_isamu
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
YEG
市政
エトセトラ
教育
バルバロ
私事
武雄人倶楽部
育友会
まちづくり
議会報告
竜馬プロジェクト
活動報告
切り抜き等資料
視察報告等
ライオンズクラブ
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧